乱視 原因 矯正の方法 視力回復トレーニング

MENU

乱視の原因とは?

乱視は、遠視や近視と同様に目の屈折の異常であり、目のレンズの働きをする部分にゆがみが生じて焦点が合わない状態のことを言います。レンズの部分に歪みが生じると、光もゆがんでしまい正常な状態であれば1点に集まるのに、乱視になると1点に集まらなくなりズレが生じるようになるのです。

 

乱視の症状

乱視はその名の通り、物を見る機能が乱れた状態であり、とくに暗い場所では見えにくくなるのが特徴的です。弱い乱視と強い乱視がありますが、乱視が弱い状態の時は正常な状態の時よりも少しぼやけて見え、強い乱視だとかなりぼやけて見えるようになります。

 

ドライアイが乱視の原因になることも

パソコンやスマホの普及により、長時間作業することが原因で、ドライアイになることもありますが、ドライアイから乱視を引き起こすケースもあります。

乱視矯正の方法

乱視は、目の焦点が網膜よりも後ろにある状態で、乱視の症状を改善するには、メガネをかける乱視矯正の方法があります。しかし、乱視が極めて軽い程度であれば、とくに矯正を必要としない場合もあります。

 

視力回復トレーニング

乱視の症状を改善させる視力回復トレーニングのひとつとして、眼球のゆがみを矯正する方法があます。眼球をしっかり支えている外眼筋を適度に鍛えて柔軟にすることで、乱視の症状が緩和されることもあります。

 

外眼筋をほぐすには、目を数字の8を横に倒した状態(∞)に、ゆっくりと大きく動かします。視線を動かす時は、目の中央から左上、左、左下、中央に戻って、今度は右上、右、右下、そして中央に戻り、これを1セットで1日に3〜5セット行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

 

乱視の原因とは?乱視矯正の方法・視力回復トレーニング関連ページ

近視回復方法
近視回復に効果的なトレーニング方法をご紹介します。この他にも屈折性近視や軸性近視といった近視の種類についてや原因などの基礎知識も掲載。
遠視の治し方
遠視についての情報ページです。遠視の特徴や原因のほか、遠視の回復方法などについてご紹介します。
視力低下の大きな原因
スマホ老眼という言葉をよく耳にするようになりました。視力低下などスマホが目に与える悪影響について詳しくお伝えします。
視力回復メガネの効果
視力回復用に開発されたピンホールメガネの効果についてご紹介します。ダイソーなどの100均で販売されている視力回復メガネについての情報ページです。
老眼の予防法
パソコンやスマホの影響で早くから老眼になる人が増えています。このページでは老眼の原因や予防法などについて詳しくご紹介します。
血流改善で視力回復
目の血流を改善すると疲れ目や視力低下の予防や回復に効果的です。このページでは目の血流を良くする方法について詳しくお伝えします。